1. ホーム
  2. 地質の状況を調査する

地質の状況を調査する

工事

地盤の強度

地盤の強度は外観からだけでは分かりませんので、建物を建てる前に地質調査を行うことが大切です。昔は十分な地質調査をしないまま、住宅を建てたり、マンションを建てたりしていましたので、後になって様々な問題が生じていました。もともと山だったところを切り開いた場合には地盤が強固だと言われたり、隣接地の住宅の基礎にヒビが入っていなければしっかりした地盤の地域だと言われたりしていましたが、実際に地質調査をしてみなければ分かりません。いくら地盤が強固な地域であっても、一つ一つの画地を見た場合には、地盤の強弱があります。隣接地の地盤が強固であっても、こちらの土地は地盤改良をしなければ住宅を建てることができない場合もあります。

地盤の調査方法

地質調査を行う場合には、地中にドリルを挿して負荷をかけることで、どこまで沈み込むかを調査する方法が一般的です。この方法であれば、費用もそれほどかかりませんので気軽に調査を行うことができます。通常であれば5万円から6万円くらいで調査することができますので、一般的な一戸建ての住宅であれば、この方法によることが多いです。しかし、マンションなどの大規模な施設を建築する場合には、ボーリング調査を行って実際の地下の地質を調査したり、超音波による探査を行う方法もあります。建築する対象物件が重くなればなるほど、地盤に係る負荷が大きくなりますので、精度の高い地質調査を行って、地盤改良などの対策を講じる必要が生じます。

Copyright© 2017 平板載荷試験を行なうことの意義を知ろう! All Rights Reserved.