1. ホーム
  2. 液状化の被害を最小限に

液状化の被害を最小限に

工事現場

液状化で起こる被害

液状化現象は、地震が起きたときに地盤の砂の粒子がバラバラになってしまい、地下水に浮いたような状態になることです。このような現象は、実際に地震が起きた後に被害が出てしまう件数が多発しています。建物が傾いたり、歩くのにも不安定になってしまうおそれがあるため、液状化対策が重視されるようになりました。液状化対策としては、事前に地盤を強化していく工事や、被害を寄せ付けないための工事が行われます。また、個人の住宅に不安があるような場合でも、相談できる民間や行政の機関も存在します。このように、万が一のときのための工事や相談機関が液状化対策として注目されています。建物やその地域の地盤を守るために、的確な対策が被害を最小限に抑えていってくれるのです。

対策内容

液状化対策となる工事には、地盤強化の役目を果たす上で、建物の下に支柱やセメント材を入れて建物を支えていく仕組みがあります。これであれば、周辺の地盤が液状化しても建物が傾かない効果があるため、最悪な事態を避けることができます。また、地盤を囲い込む工事も行われており、建物の下に壁を作っていく内容です。こうした工事は、専門業者が地盤や建物を念入りに調査したうえで、ふさわしい工事が行われます。地盤の調査は、液状化対策の相談窓口でも紹介されており、地盤の状態が知りたい場合に勧められています。これで地盤の結果が分かれば液状化対策にも前向きに取り組んでいけるようになるので、まずは地盤調査が必要となってきます。液状化対策について何から始めればいいのか分からないときは、相談窓口でアドバイスを受けていった方がいいでしょう。

Copyright© 2017 平板載荷試験を行なうことの意義を知ろう! All Rights Reserved.