1. ホーム
  2. 調査を行う場所

調査を行う場所

作業者

特定の物質を扱う施設

土壌が人や環境に対して害を及ぼすかはしっかりと調査をする必要があります。土壌汚染調査によって有害な物質を検出できるため、主に土地売買で利用されることが多いです。しかし、全ての土地で土壌汚染調査が必要なわけではありません。まったく問題のない土地で土壌汚染調査をしても、調査費用が無駄になることがあります。土壌汚染調査が必要な土地というのは、特定の物質を取り扱う施設だといえます。ガソリンスタンドや科学物質を扱う研究所など、人や環境に対して影響を与える可能性のある物質を扱っている施設で土壌汚染調査が必要です。全ての土地で土壌汚染調査は必要がないため、行う事業などによって調査をするかどうかを決めましょう。

過去の施設を調べる

土地を売買するときに人気なのが、過去にどういった施設があったかを調べることです。土壌汚染は特定の施設による汚染が非常に多いといえます。人や環境に有害な物質を廃棄したりすることで汚染されてしまいます。不法廃棄などでも起きるため法律で規制されているのです。土地の周囲に過去どんな施設があったかを調べることで、土壌汚染調査の必要性を確認することができるのです。何も問題が無ければ調査をする必要がないため、調査にかける時間やお金を無理に確保することもありません。もし過去に有害な物質を出す可能性のある施設があった場合は、土壌汚染調査によって汚染度を知ることができます。汚染されていれば除去作業をすればいいので、土地をしっかりと利用することができます。

Copyright© 2017 平板載荷試験を行なうことの意義を知ろう! All Rights Reserved.