調査を行う場所

作業者

土壌汚染調査を行う必要のある場所は、人や環境に対して影響を与える物質を出す施設です。何も問題のない場所で行う必要はありません。土地の周囲に過去どんな施設があったかを調べることで、土壌汚染調査を行う必要性を確認することができます。

地質の状況を調査する

工事

建物を建てる時には、安全のため地盤調査を行う必要があります。隣接地の地盤が強固だからと言って、こちらもそうだとは限りません。マンションなどの大規模施設を建てる場合には、精度の高い地質調査を行う必要があります。

液状化の被害を最小限に

工事現場

液状化対策は、地盤が地震の影響で液状化しないための工事や相談サービスなどがあります。液状化が起きてしまうと、建物が傾いてしまう可能性もあり非常に危険です。あらかじめの対策が被害を極力抑えていくため、安全を強化していくことができます。

試験内容や費用

作業員

どのような試験か

地盤調査といえば土木の分野ですが、平板載荷試験と呼ばれる試験方法があります。この試験がどのような調査を行うのか、今一つイメージがつかない人もいるでしょう。平板載荷試験とはその名前の通り、平らな板に重さをかけて試験する方法です。基礎を設置する場所まで地面を掘り、その面に平らな板を置きます。重しとして重機やダンプを用いますが、それにオイルジャッキをかけて反力を得ます。イメージとしてはジャッキを使って車を持ち上げるような感じですが、重量がとてもあるので地面がへこんでしまいます。平板載荷試験ではそのときに生じた沈下量とそれに対応する荷重を測定します。平板載荷試験ではある沈下量に対して、どれくらいの重さまで支えていたかを見ることがとても大切になります。

費用相場

せっかく建てた住宅が地盤沈下などで傾いてしまったり、基礎や外壁がひび割れたりしたら大変なことですよね。これらはいわゆる欠陥住宅ですが、家を建ててしまった後に欠陥住宅が判明するほど悲しいことはありません。欠陥住宅を防ぐためには、事前の地盤調査がとても重要となります。地盤調査にも色々な種類がありますが、平板載荷試験もその一つです。この試験を一言でいえば、地盤に直接重しをかけて荷重と沈下量について測定する試験です。地盤調査する場所の広さにも依りますが、作業は1日で済む場合も少なくありません。平板載荷試験の費用相場については、試験する場所数や試験を実施する業者によって異なりますが、1日当たり約10万円程度が相場です。

Copyright© 2017 平板載荷試験を行なうことの意義を知ろう! All Rights Reserved.